その過程にいる人しか 人を癒せない

最近 ある人が 何年か前に伝えてくれた言葉が響いてくることが続いています。

その過程にいる人しか 人を癒せない

私は 自分がまだ道 途中で

まだ完璧な人間じゃないのに

人を癒せているのだろうか

今よりもっと自分に自信がなくて、自己肯定感の低さに多分悩んでいたんだと思います。

その方 シャーマンだから、きっと私のそれを感じて

くれた言葉だったのかな

心の片隅にずっとあって支えになっていました。

最近も

余計なことを口にした、いや 言い方かな

その人が癒されたら、関わる人たちによい還元されていく、引き上げ具合も影響する方向も変わるから、力がある人だからこそ自身の癒しが大切って言いたかったんだけど、

そこを言葉足らずしかも否定的な表現をしてしまって、自己嫌悪の嵐で落ち込んでました。

私こそ 癒しや成長が必要だと。

自分の未熟さを痛感するとき、先の言葉を思い出すのです。

先いく人はいっぱいいる

私からみえていることが絶対ではない

絶対的な正しさがあるわけでもない

だけど

私が もっと私に還り私を生きる

その時々の気づきや、もがいたりジタバタするその過程をも、シェアすることが読んでくださった方の心を動かしたり 何らかのきっかけになれば嬉しいです。