毎瞬 毎瞬が終わりと始まりの間

『終わりの始まり』 

このフレーズがもう何年も前に聞いてから

そのコトバを私に教えてくれた言った方とは関係がきれた今でも、残っています。

年末に、ある方とのやりとりで

ふと浮かんできて

  • 「終わりの始まりですね」と送りました。

そしてその方は

「元旦に終わりと始まりの間を感じた」平成の終わりを感じたことがその方のFacebookの投稿に書かれていました。

書かれていることとは別なんだけどそれを読んで、

あー 間って

毎瞬 毎瞬が終わりの始まりなんだ!

って急にその時に感じて一気に全てのことが愛おしくなって、溢れてきました。

これまでは何かの区切り

特別に何かが終わるときに訪れるときに対して、終わりの始まりだと私は感じていたんです。

特別な区切りじゃなくても、この一瞬一瞬が常にその間にあってその連続だと思ったら

私はどこか楽しんでいる時と そうじゃない時の差が大きくて

楽しんでいない諦めている時間があり。

ただ楽しい時間まで 時間が過ぎるのを待つ消化タイムな的な、カウントダウンしている感じ。

諦めている時間。

こんなに愛おしい毎瞬を、なんて過ごし方にしていたんだろう。

自由選択 自由意志

自分の思考が今の自分や環境を作っていると知っているのに、どうして諦めている時間を持っているんだろう

一番大切にしたいことを諦めて消化タイムを作ってしまっていた

あなたが本当に望むものは何ですか

何が大切ですか

仕事(志事)だけが自己実現ではなかった

使命だけ叶えたら私が本当に幸せになる

そうじゃなかった

私が心からの幸せを感じながら使命ミッションを成し遂げにきたんだった。

もう諦めない!!

諦めていたことをやめて、心からの幸せに向かっていきます。