小松美羽さんの神獣の世界に触れて

一宮市三岸節子記念美術館で
開催されている企画展

「小松美羽(みわ)展 
DIVINE SPIRIT~神獣の世界~」

を観てきました。

Facebookをみているときに

初めてみる 小松美羽さんの神獣の絵に惹かれて、気になって気になって。

絶対観に行こう!と。

絵からエネルギーがグワンと
くるのを感じながら
その神獣を観ていると

涙がじわっと出てきて
なんでだろ?と思っていたのですが

全部み終えたときに

ふと思い出したのが

去年3月に椿大社に行ったときに

写真に映り込んだ“土地を護る存在” の眼!

神獣の絵と同じ
くるくる大きな眼だったのです。
こういう存在は大きな眼が特徴なのか!

懐かしいという感情なのか

いつも有り難うというものなのか

畏敬のおもいなのか

言葉に特定できないけれど

写真に写っているのを見つけたときに
けいちゃんによんでもらったメッセージは

「萎縮するな
伸び伸びと、軽やかに
あなたは護られている」

このタイミングで繋がるとは・・

また近々 椿大社へ伺おうと思います

あの頃から成長した姿で挨拶に行こう