瀬織津媛・空海・白龍の旅

  • 奈良、和歌山の旅に行ってきました!

1日目
丹生川上神社下社〜天河神社〜湯の里 お水の宿このの さん泊

2日目
慈尊院〜丹生官省符神社〜丹生都比売神社〜桃尾の滝(白龍大神)〜石神神社

写真は旅のはじまりを見送ってくれた地下鉄黒川駅近くのネコちゃん♫

なんといっても緑や水がきれいな場所をめぐり、丹生にひかれ、弘法大師(空海)につながり、また白龍につながる旅でした。

丹生都比売神社では着いて早々にヘビさんの歓迎を受けました♫帰りにも別のヘビが見送りに。

白龍神社にこの流れを繋ぎたいと浮かんだのは、名古屋駅近くの白龍神社ではなく住まいに近い白龍社でした。お参りし あわのうたをうたわせていただいてきました。

名古屋市北区にある白龍社。
昔白蛇を殺した祟りから祀るようになったと聞いていましたが、別のお話を発見!!
昭和のはじめ頃、静岡県の御前崎から勧請して建てたといい、おそらく池宮神社の桜ヶ池に棲むという龍神のようです。池宮神社のご祭神は瀬織津比詳命(せおりつひめのみこと)

となると北区の白龍社も御祭神は瀬織津媛!

瀬織津姫につながっていたのか。

むすひ というものをしていただいたときに、瀬織津媛が第一神名でした。

  • ご縁のある神様なのです♡

白龍はみえない世界の入り口でもあるそうです。
この旅で第6感がぱっかーん と開くといいなと思っていたら、そういうお導きの旅になったよう。

旅の間いく先々で宮司さんやご住職さまや出会った方々が、いろいろなお話をたくさんしていただきました。

情報がたくさんありすぎてまだ未消化未処理なので、気づきとともに少しずつ昇華していきます。

また紹介させていただきますね♫