“かぐやひめ”から学ぶこと

あのね

映画 『かぐやひめ』を思い出したの。

姫の犯した罪とは? って副題があった記憶があります。

育ての親の意向を重んじて、自分の思いややりたいことを押しとどめて辛くなり

月への迎えを望み帰ってしまい、そこから地球をせつなく懐しむ

私は大丈夫かな、と問う。

なんかうまくいっていないとき・・・私の心が調子よくないときは、私のミッションから外れているとき。

外れても楽しいならいいけど、ハンパなくそうじゃないから、これは余程決めてきたことなんだろうと、向かうしか やるしかないんだ。

あなたは 大丈夫ですか?

私も最近、志事以外に あきらめていた事があることに気づいたの。

あきらめていた事さえ気付かず、その状態が当たり前で、こんなものだと思っていた。

堂々巡りをしているなら

決めなきゃいけないのを先送りしていて辛い今を過ごしているなら

いつまでそれを続けますか?

本当はどうしたい?どうなりたい?

今のあなたがダメといっているんじゃない

あなたの本当の姿に実はなりたいなら

そちらに向かう道もあるよ

なにかを本当はあきらめずにやりたい事、叶えたいことがあるのなら

わたし を楽しむ 今 がもう存在しているよ

って伝えたい

私の主催するお話会にもどうぞご参加ください。あなたの知らないあなたに気づくきっかけがいっぱいありますよ♪

ケン もこさんのお話会

量子力学コーチ高橋宏和先生のワクワクお話会

山口聖子さんの仙骨リンクお話会2/19.2/20

魂は知ってるから、やっと気づいてもらえたって涙が出てくるかも♪

ハンカチをお忘れなく!!