聞いたことを鵜呑みにするよりも

私も時々おちいるのだけれど

人の話や情報を全部うのみにして信じることは危険

ということ

人から外からの情報はあくまでも情報でしかない

それを自分が共鳴したら取り入れたらいいし、いろいろな情報の1つでしかない

すごい人の言うことならって

聞いたことをまるっと覚えて実践しよう

そのままうのみにして取り入れちゃおう

というのはまだ他人任せ。

違和感があるならあなたには違うんじゃないかな

自分の感覚も無視して外の情報を鵜呑みにしちゃう

自分をもっと信頼しよう

自分の感覚にもっと意識を向けよう

信じてついていく、それも危険。

それが信頼している人であっても。

もしもその人が横道にそれたら?

その情報が間違っていたら?

急に足元がすくわれた感じに不安定になる

信頼できる存在は財産。

でも寄りかかるのでなく自立した存在でありたい

信じるのは自分自身を

価値観も考え方、手段や方法も多様性のなか、何が正しい正しくないではなく

自分はどう在りたいか

やっぱりどこまでも

” 自分が自分の人生の主役 ”

であり情報は、自分の魂に響くものを選んでいく

信じるのは自分の感覚

感覚を磨くのは 自分に目を向けて信じること