普段読まないジャンルの本を読んでみた

娘たちの買い物の待ち時間を利用して、本屋さんで普段は読まない本を3冊読んできました。

ららぽーと名古屋みなとアクルスの草叢書店で、キャラメルフラペチーノのを飲みながら。

スターバックスコーヒーのドリンクを飲みながら、新刊など3冊読むことができます。

ここぞとばかりにいつもは読まない本に挑戦。

今まで読んだことなかった

堀江貴文さん

西野亮廣さん

落合陽一さん

なるほど、ホリエモンさんの姿勢はよくわかる。

返事は2文字 丁寧に6文字くらいでいいとか、どう生きたい、何にどう使うとか自分の中で決まっていて、ブレない姿勢が学ぶこと多い。

これが生まれもってこの姿勢なのがすごいです。

全部が同じ!というわけではないけど、シンプルに生きるというその姿勢、すごく共感できました。

西野さんの本は途中読みになっちゃったけど、『信用』についてなるほどだなと。

いろいろなシステムについて、世の中をみたときに確かにすでにそうしてる人いるなって浮かんだり

落合陽一さんの本は言葉の羅列が難しいけれど、そんな見方や話がされているのだと

普段読まないジャンルで、そもそも最近本もあまり読まなくなっていたけれど、読むと違う見方・世界も知れますね。

何か響いたことが 私の中で融合がしていくことができるといいな

直接会ってそのエネルギー体感してみたいな!と思ったのでした。