マコモのお話

今朝の始まりはマコモづくし から始まりました♪

いただきもののマコモパウダー入りのおさがりのお餅

福井越前マコモパウダーのお茶

そして今日はセッション用のマコモ(葉)入りの枕づくりをします。

すごく癒され整う感じがするので、イヤーコーニングのセッション時に使いたいと思っています。すでに1号は使用していますがより良くしていきます♪

体感でいいなと思い、またマコモの生産者の司辻さんとご縁をいただいたこともあり日常に取り入れていますが

「マコモのお茶を飲んだらデトックスがすごかったんだけど、そういう効果あるの?」

と昨日 聞かれてよくわかっていなかったので巷でどんな風に言われているのか調べてみました。

マコモってね、縄文時代から日常にあったようです。昔は日本中の村や川には、ヨシやアシと一緒にどこにでも生えていたそう。

プレアデスからおお麻や竹と共に地球に持ち込まれたと聞いたこともあります。

マコモのお茶の効果は

利尿効果や、血液、体液、リンパ液、細胞液、唾液に浸透し、内臓部分から緩やかに穏やかに不必要な老廃物や毒素が、吐き出され排泄され、身体や心が浄化されるとか。

マコモタケは繊維が多く便秘を解消にもなるそうです。

聖なる霊草とも言われていて、出雲大社では神事や祭事にマコモを敷くのは有名なお話。お釈迦様は多くの病人にマコモ茶を飲ませたり、葉で編んだ布団に寝かせた逸話も残っているそうです。
ほかの産地のマコモパウダーも飲用しましたが、越前マコモパウダーは美味しく飲みやすいし、癒される感じがしました。

私が毎日飲み続けられるって美味しいからだろうな♡

今年は福井にマコモ一面の田んぼに行ってみたいなと思っています。

おお麻もだけどマコモも昔は日常にあったもの。また良さに気づいた方から身近な存在になっていくといいなと思います。